So-net無料ブログ作成
検索選択

春の奈良の旅 [奈良]

ことし(2012年)の春は桜が遅めでしたが、蔵王権現特別開帳もあり、4/7,8で奈良を訪れました。
京都から近鉄で吉野へ、事前に桜の開花状況は調べてあったが、.....ロープウェーから見える視界に桜なし。
桜は以前満開の時に訪れているので、頭を切り替えて金峰山寺へ。

仁王門大修理勧進 秘仏本尊 特別ご開帳 3/31~6/7
蔵王堂です。
NARA01.JPG
この中に青い権現様が三体おられます。
開かれた扉の前にゆっくり座って拝めるスペースが用意されており、静かに対面することができました。

お堂を出て、振り返ったところです。
NARA02.JPG

このあと、大日寺、喜蔵院、竹林院、桜本坊をまわり、前回行かれなかった如意輪寺を訪れました。
地図に従って、一般車道をしばらく進み、道間違えたと思うころ到着しました。
本堂をお参りしたあと、庫裡の奥にある多宝塔に行きました。
NARA03.JPG
ここでも枝垂れ桜が咲いておらず残念でしたが、落ち着いて雰囲気を味わいました。

この日の夜は大坂で大学の同級生と会うこと以外は予定を決めていなかったので、天気と経路検索で、和歌山周りで大坂へ向かうことにしました。目的地は、西国第三番札所 粉河寺。

中門です。
NARA04.JPG
「風猛山」の扁額は、紀州徳川十代藩主、治宝候の直筆と、粉河寺のHPに書いてありました。
中門の手前から本堂を見たところ、桜が満開です。
NARA05.JPG
吉野の残念は吹っ飛びました。
そして、本堂、手前に粉河寺庭園(桃山時代)を配しています。
NARA06.JPG
青空が広がり、最高の風景です。お堂と桜と青空、この上ない絶景です。

この夜は大坂(天満)で火鍋をつつき、昔話に花が咲きました。
翌朝は、再び奈良へ。

まずはtwitterで話題になっていた氷室神社へ。
NARA07.JPG
東大寺へ向かうたびに何度も前を通っていたはずですが、初めて訪れます。ごめんなさい。

そして、奈良公園一帯を満喫しました。

東大寺大仏殿
NARA08.JPG

二月堂
NARA09.JPG

二月堂から東大寺で一番好きな裏参道をおります。
NARA10.JPG

仏教美術資料研究センター
NARA11.JPG
ライトアップの時に何度か訪れていますが、桜も似合います。

浮見堂
NARA12.JPG
桜は、まだという感じでした。
水琴窟の音を聞いて、この日の目的地を目指しました。

途中、新薬師寺のそばで、おたいまつ(修二会)が4/8の夜に行われることをはじめて知りました。来年以降、是非来ようと思いつつ、更に足を進めました。

この日の目的地
NARA13.JPG
高円山 白毫寺です。
奈良公園から少し距離があるので、なかなか訪れる機会がありませんでした。
高台の上にあり、遠くに興福寺の五重塔、東大寺の大仏殿が見えます。
静かな落ち着いた境内でのんびりし、甘茶をいただきました。

天候に恵まれ、桜の奈良を満喫しました。

京都に戻る途中、僅かな時間でしたが、伏見稲荷を訪れました。
NARA14.JPG
NARA15.JPG
氷室神社と同じく、前を何度も通り過ぎてしまいました。ごめんさない。

帰り際に、桜花舞をみることができました。
NARA16.JPG

来年は、新薬師寺の修二会に行こうと思います。

山梨、国宝を訪ねて [古寺]

春がやってきました。4.1 山梨の国宝建造物を訪ねてきました。
前日は激しい風と雨でしたが、すっきり晴れ、温かい一日でした。

国宝(1) 海涌山 清白寺
中央線東山梨の駅から徒歩10分ぐらいの距離です。
001.JPG
静かな参道を進んでいくと山門があり、その先に国宝の仏殿があります。
1415年建立とのこと。檜皮葺の屋根のカーブが美しい。
002.JPG
境内には誰もおらず、じっくりと雰囲気を味わうことが出来ました。

国宝(2) 柏尾山 大善寺
勝沼ぶどう郷駅から2.4km、ちょっとありますが、歩いてみました。
高低差が激しいので、結構キツイですが、甲府盆地に向けて広がる景色は素晴らしいです。
003.JPG
勝沼ぶどう郷駅を通過するときの夜景(街の灯)は素晴らしいのですが、撮影ポイントを確認できたので、次回は信州の帰りに途中下車しようと思います。
また、駅の周りの桜も素晴らしいのですが、4/1は、”まったく”咲いていませんでした。今年は遅いのかな。
さて、大善寺に到着。山門です。
004.JPG
山門脇の水仙がきれいです。
005.JPG
そして、山門の両脇には仁王様がいらっしゃいましたが、私はこちら(木鼻)。
006.JPG
そして階段を上がった先に、国宝薬師堂が。1286年建立。
007.JPG
拝観する人は数人。お堂に入ると、女性がお寺の歴史と仏様を説明してくださいました。
薬師三尊は、秘仏(来年、ご開帳らしい)なのですが、十二神将を見ることができたので、かなり満足。
そして、やはりお堂が素晴らしい。おそらく最近葺き替えられた檜皮葺の屋根の美しさ。
008.JPG
梅が満開でした。”檜皮葺と桜”は最高の組み合わせですが。

帰りは、大日影トンネル遊歩道から戻ろうと思い、坂道を登って行きました。
が、、、、、緊急閉鎖ということで、通行止めでした。がーん!、来た道を戻ることに。
009.JPG

同じ道を踊るのはつまらないので、少し遠回りして戻りました。
その途中にあった祝橋。登録有形文化財(建造物)だそうです。
010.JPG
昭和6年に建設されたコンクリートアーチ橋,延長58.6m,幅6.6m
渡ってしまうと見えないので、並行して走る道路から撮影しました。

帰る途中、猿橋駅で途中下車して「日本三奇橋、猿橋」を見てきました。
011.JPG
橋脚がなく、両岸より張出された四層の桔木を支点とし、上部構造を支えている「肘(ひじ)木けた式」と呼ばれる構造らしい。

春らしい一日でした。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。