So-net無料ブログ作成
検索選択

青い海、角島 [海]

2012年の夏は、山陰へ出かけました。
2005年の夏にも訪れましたが天候に恵まれず、素晴らしいと言われる山陰の日本海を見ることができませんでしたが、今回は天候に恵まれました。

目的地のひとつが”角島”です。
Googleで「角島」と入力し、「画像」を選択すると、青い海に伸びる橋がたくさん出てきます。
まるで沖縄のような景色です。

山陰線の特牛(こっとい)駅で降ります。
IMGP0560.JPG
無人駅の前にバスが停車しています。特牛駅10:46着、バス10:50発。
駅は坂の上にあり、坂を下ってしまうと、このうえに駅があるのか?という景色です。
田舎道を走り、いよいよ橋を渡って角島へ。

橋を渡りはじめた瞬間、やばい!と思いました。
あとから冷静に写真を見ると理解できるのですが自動車道で歩道はない、しかも高低差が大きくとても”海を見ながら自転車で走る”というリゾート気分とは違うことに気づきました。

島の中心まで進み、「学校横」バス停で下車しました。素晴らしいビーチのすぐそばです。暑い!!
車がたくさん停まっているエリアに向かい、きょろきょろと見回すと、ネットで見た”角島サイクルポート”がありました。

レンタルサイクルは、¥400(電動アシスト付、2時間)です。ノーマル(アシストなし¥200)もありますが、バスできた高低差を思うと、躊躇なく「電動お願いします」。
一緒のバスで来た京都からきた少年(16歳)がノーマルを選択し、橋まで距離を聞くと、おじさんは「橋は渡らないでな」と返事。少年は不満そうでしたが、こちらはすでに観念しているので了解。

簡単な地図をもらい、橋と反対側の灯台へ向かいました。
暑いですが、海沿いは景色も良く気持ち良いです。
海岸から上り始めると汗が吹き出してきますが、電動アシストのおかげか、なんとかトップの交差点にたどり着き、灯台が見えてきました。一気に坂を下り灯台へ。

灯台に登ることができたのですが、時間がないのと反対の橋のそばまで行きたかったので、展望台でがまん。
DSC_0285.JPG

DSC_0287.JPG

素晴らしい景色です。ここからの景色をtwitterとfacebookに投稿しました。
中国で仕事をされている方から、すぐに「いい景色ですね。海外にいると日本のこういう景色は大事​にしたいと思います(^^)」とのリプライがありました。

橋をめざして戻ります。
出発地点そばの浜辺を少し高い位置からみたところです。
DSC_0288.JPG
完全にリゾートビーチです。駐車場の車も他府県ナンバーが多い。

いよいよ橋へ。地図を見ると、上がって下がると橋の下に出られそう。
坂キツイ。汗がドロドロ出てきます。段々体温も上がっているような気が。
いかん、しまなみ海道と同じ状態になりそう。目的地を橋から自動販売機に変更。
やっとCocaColaの自販機を見つけ、爽健美茶でチャージ!

少し道に迷いつつ、海岸へ降りました。
ありゃ!、橋は見えてきたけど・・・・、もう一山超えないと橋にたどり着かない!!

しばし迷い、撤収を決断しましたが、ちょっと走ると漁港があり、防波堤があります。
防波堤の上をチャリで先端まで走って撮った写真がこれです。
DSC_0290.JPG
少し距離はありますが、美しいカーブを見られて満足です。

2時間には残りありましたが、暑いし橋も見たのでサイクルポートに戻り、おじさんとしばし談笑。
「藤沢から来たんだね」と言われ、「良くご存知ですね」と言うと、「船に乗っていた。三崎にいたことがある」と。「私は、アイスランドに行った二番目の日本人なんだよ」なんていうお話も聞けました。

バス停で待つ間に、再び水分チャージ。島で3本(1.5リットル)飲みました。

バスで特牛駅に戻りました。
IMGP0561.JPG

ちょうど観光列車「みすゞ潮騒」号が来ました。2号車は指定席ですが、1号車は自由席です。
IMGP0562.JPG
部活で疲れたと思われる地元女子高生が数人ボックス席に倒れこんで寝ていました。
13:38 特牛駅発。

みすゞ号は、絶景ポイントで減速・停車します。
IMGP0568.JPG

徐々に街並みが広がり、14:56 下関に到着しました。
nice!(25)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。