So-net無料ブログ作成
検索選択

上高地散策 [景色]

ご無沙汰しておりました。約一年ぶりのブログ更新です。
久々に上高地へ行き、変わらぬ美しさ、爽快さを満喫してきました。

松本駅 4:45発の臨時電車に乗って新島々へ向かいました。
新島々で上高地へのバスに乗り換えて約1時間です。
松本から上高地往復で¥4,400(割引)です。新島々で乗り換えるときに購入できます。

上高地へ入って最初の停留所が「大正池」です。
帰りのバスは混み合うので、河童橋そばのバスターミナルでほぼいっぱいになってしまいます。散策の終点を河童橋にするため、大正池で下車です。

大正池
KAMI01.jpg
大正時代に焼岳が噴火して梓川をせき止めてできた池です。立ち枯れの木はもっと多かったそうですが、幻想的な景色です。その池をカモが優雅に泳いでいました。
KAMI02.jpg
上流側へ歩き、大正池の北側から見た焼岳です。
KAMI03.jpg
このころから雲が取れ青空が見えてきました。しかし!、震えるほどの寒さでした。訪れる場合は、防寒着をお忘れなく。

木々の露が陽の光を受け、不思議な世界を演出しています。
KAMI04.jpg
反対側に行って見ると、普通の木ですww。

田代池
KAMI05.jpg
上高地は、とにかく水が透明です。
KAMI06.jpg
散策路をちょっとそれて行くので、お見逃しなく。

森の中の散策路
KAMI07.jpg
全域整備されているので、とても歩きやすいです。
KAMI08.jpg
上高地帝国ホテルです。散策路から脇へ入って”見て”来ました。
泊まってみたいですが、家族で泊まると・・・・

散策路に戻って、
KAMI09.jpg
英国人宣教師ウォルター・ウェストンのレリーフ(石碑)です。日本各地の名峰を制覇し、上高地の魅力を広く伝えた方です。我々がこの素晴らしい世界を堪能できるのも、ウェストン氏のおかげです。感謝。

そして、いよいよ上高地のシンボル、河童橋です。
KAMI10.jpg
10年以上前に、ここで家族で撮った写真がいまでもリビングに飾ってあります。
ここでバスターミナルに向かい、整理券をもらいます。9時過ぎだったので、明神池までの往復時間を見て、12:40のバスを選びましたが、19番でした。

さあ、河童橋から上流の散策に向かいます。行きは梓川の右岸、林の中を進みます。
KAMI11.jpg
アニメに出てきそうな大きな木がありました。
KAMI12.jpg
森の中から梓川に向かい流れる川。豊富な水量で、豪快な水音を立てて流れています。

河童橋から約3km歩くと、明神池に付きます。
湖畔に穂高神社奥の宮が鎮座し、池に入るのに¥300必要です。池は、一之池と二之池からなっています。
一之池
KAMI13.jpg
広く静かな池です。
二之池
KAMI14.jpg
ちょっと京都の庭を思わせる不思議な景観です。すべて自然のままなのでしょうか?

明神橋
KAMI15.jpg
帰りは、左岸を歩きました。途中で猿出現、20匹以上は見ました。
KAMI16.jpg
人を恐れることなく、周囲を走り回ります。

河童橋に戻るころには、快晴となっていました。
河童橋の少し上流です。
KAMI17.jpg
空の青、山の緑、透明な水、そして澄んだ空気。私には、これこそ上高地です。
そして、天気に恵まれ、この世界に浸ることができ、幸せを感じた1日(半日)でした。
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。