So-net無料ブログ作成
検索選択
展覧会 ブログトップ

美術展めぐり(静岡、京都) [展覧会]

2010年.4月 晴れの一日に3つの美術展をめぐりました。

スタートは、”風景とロダンの”がついている「静岡県立美術館」
美術館01.JPG
伊藤若冲 アナザーワールド
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/japanese/

東海道線で静岡を通過したときに、駅に飾られていた宣伝画に惹かれ調べました。

JR草薙駅から、緩やかな坂道を歩いていきます。
若冲は精密に描写した鶏が有名ですが、この展示会では水墨画が展示されていました。

「象鯨図屏風」鯨と像が印象的に描かれています。この日の No.1 です。

「樹花鳥獣図屏風」には、多くの動物が描かれています。
ちょっと顰蹙ですが、銭湯に描かれていたら最高ではないかと思いました。

「菜蟲譜」は、「美の巨人」(2011.2.5)で取り上げられていましたが、実は記憶が薄い。

ロダン館です。
美術館02.JPG
右下に見えているのは、「地獄の門」
ロダンの彫刻は12体しか鋳造しないようにフランス政府が管理し、
日本には、東京・上野の国立西洋美術館とここにあるそうです。

帰りは、静岡鉄道の県立美術館前駅から新静岡駅へでました。

静岡から新幹線に乗り、第二の目的地、京都へ向かいました。


二つめは、「相国寺承天閣美術館」です。
http://www.shokoku-ji.or.jp/jotenkaku/

-江戸の粋・明治の技-
「柴田是真の漆×絵」
エドソン・コレクション初帰国

幕末から明治期に活躍した漆芸家、画家である柴田是真(1807~1891)の作品展です。

こじんまりした展示ホールに作品が展示され、落ち着いて観賞することができました。
個人的には、絵画よりも造形物のほうが好きです。

美術館前
美術館03.JPG

緑が映え、美しい。


そして三つめは、「京都国立博物館」です。
美術館04.JPG
http://www.kyohaku.go.jp/jp/index_top.html

特別展覧会
没後400年 長谷川等伯

目玉は、写真にもある、国宝「松林図屏風」です。
霧の中に浮かぶ松の木が幻想的です。

重要文化財「仏涅槃図」は、その大きさ(縦10m)に圧倒されました。

国宝「楓図壁貼付」も、記憶に残っています。
この年の夏、本来の所蔵先である智積院にも出かけ、再会しました。

等伯展は、連日、大変な混雑とのことだったので、夕方を狙って出かけ、
一通り見たあと、気になる作品をじっくりと見ることができました。


天候にも恵まれ、楽しい美術館巡りの一日でした。

CASIO IMAGING SQUAREで加工した相国寺です。
美術館05.JPG


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

棟梁 堂宮大工の世界 [展覧会]

ひさびさにリアルタイムのレポートです。

トヨタテクノミュージアム産業技術会館で開催されている
「棟梁 堂宮大工の世界」を見てきました。
堂宮大工.jpg
http://dougukan.jp/toryo/

こじんまりとした展示ですが、宮大工の技術を感じられる道具が多数
展示されており、深い感銘を受けます。

なんと無料です。
しかも、情報がいっぱい詰まった目録もいただけます。
メモは不要です。

落雷で焼失した法輪寺三重塔の再建
薬師寺西塔再建
などの写真と実際に使用された道具を見ることができます。

特に印象に残ったのは、
心柱の礎石表面ほ凹凸をおさ定規で測り、柱の底を凹凸に合わせる
”ひかりつけ”の作業です。
歴史に残る建造物には、このような匠の技による気配りがあり、それ
を支える道具がある。

また、棟梁というのはリーダであることも良くわかります。
現在は、設計と施工が分業されていますが、設計、見積もり、施工の
すべてとそこに関わる人たちを統率する力量が求められます。
さらに見積もりの精度をあげるために、数学が発達したことも驚きです。

大工作業にかかわる絵画もあり、集団としての仕事の仕方、使われて
いた道具、なども興味深いです。
歴史研究の意味が少しわかった気がします。

古代建築を再建するため、使われなくなった道具”ヤリガンナ”を研究
復活させたことも話には聞いていましたが、道具を目の前にして見ると
リアリティがあります。

この伝統を継承するのが人の育成。
西岡常一と弟子の小川三夫、さらに鵤工舎(いかるがこうしゃ)の創設。

歴史に残る技術、感動ですね。


産業技術技術館のロビーに展示された木組み
木組み.JPG

唐招提寺金堂斗栱(ときょう)だそうです。
西岡常一棟梁指導のもと鵤工舎で製作された原寸大模型です。

展示会がいただいた資料(竹中大工道具館 NEWS)で理解しました。


熱心にスケッチされている方がいらっしゃいました。

唐招提寺の解体修理に関するテレビ番組がかなり放送されていました
が、この展示で得られる知識をもって見たら、もっと深く理解できたような
気がします。


古寺、歴史建造物に興味がある方は、行ってみる価値があると思います。
神戸にある竹中大工道具館も訪れてみようと思います。

2010-12-11 探訪

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
展覧会 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。