So-net無料ブログ作成
検索選択
番外編 ブログトップ

中国シンセンの不思議 [番外編]

仕事で中国・シンセンに行ってまいりました。昨年12月に続き二度目です。
東京羽田からJALで約4時間。機内で映画を見たりすると、我慢できる範囲です。
今回は、「岳」を見ました。

4時間で香港国際空港に着陸します。イミグレです。
001.JPG

香港で出国して陸路で中国大陸に入ってみたいと思っていますが、「言葉のできない人はやめてください」の指示もあり、イミグレは通らず、空港から出るフェリーに乗りました。

約30分で蛇口フェリーターミナル(中国)に到着。
002.JPG

ここでイミグレを通って、中国上陸です。
羽田で預けた荷物が、蛇口フェリーターミナルに出てくるのか、ちょっと不安です。

朝、ホテルの部屋から外を眺めた景色です。
003.JPG

高層ビルが立ち並び、さらに新しい高層ビルを、まさに雨後のタケノコのごとく建設しています。
朝6時過ぎると、トンカン工事の音がし始めます。

仕事は、ホテルから工場までバスで移動です。高速道路を延々を走ります。

ホテルの傍にあるスーパーで日用品を買えます。お菓子もあります。
004.JPG

うーん、コアラのマーチはロッテのマークがありましたが、このお菓子は・・・・・(笑)

ホテルの傍にある憩いのスペースです。
005.JPG

近代的な町並み、というか新しい街で非常にきれいです。
バスがいっぱい走っています。

フードエリアの1ショット。
006.JPG

ここはどこでしょう?という景色。写真でこのカットだけ切り取ると益々です。
手間はSTAR BUCKSです。Macもあります。

地下鉄も走っています。蛇口港駅。フェリーターミナルのすぐそばです。
007.JPG

駅にいると、どこに居るのかわかりません。日本よりずっと綺麗です。

もちろん新車がやってきます。
008.JPG

シートがアルミ製なのが違和感ありますが、ぴかぴかです。
四角い切符はなく、券売機でコインを買います。これを入場するときに検知させ、降りるときはコインを入れてきます。入場するときは、手荷物のX線検査があります。上海の地下鉄にもありました。

最後は、食事の話。
ホテルには、日本食を含め、レストランがありますが、何度か駐在している人と食事に出ました。

南山の大碗居老北京炸醤面です。
009.JPG

ビールは、青岛啤酒(チンタオビール)です。
薄味でくせがなく、ビールという感じしないですね。
しかし、中華料理が辛いので、ぐびぐび飲みますので、ちょうどよいのかも。
懐かしい人と昔話や最近の出来事をしゃべりながら飲むので、あっという間に4、5本飲んでしまいます。
中国の夜は更けていく・・・・
nice!(27)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

インドネシア、シンガポール [番外編]

仕事でインドネシアのビンタン島に行きました。

ビンタン島はシンガポールからフェリーで1時間くらいの距離にあり、
工業団地、リゾートともシンガポールと共同開発になっています。
通貨もシンガポールドルが使えます。

シンガポールへは羽田と成田からアクセスできます。
行きは夜行便です。羽田発 24:30、シンガポール(チャンギ空港) 6:55
時差が1時間ありますので、7時間30分くらいのフライトです。

ビンタン島はインドネシアなので、シンガポールの入国審査を受けた足で
タナ・メラ・フェリーターミナル(TMFT)へ向かいます。
BTSG01.JPG

TMFTからバンダル・ベンタン・テラニ・フェリーターミナル(BBT)まで約一時間です。
始発のフェリーが9:10発なので、ビンタン島には、10:00過ぎに着き、一時間の時差が
あるので、現地時間は 9:00過ぎです。

夕方まで仕事をして、羽田に22:30くらいに行けば、インドネシアのビンタン島に翌朝9:00過ぎ
に到着できます。飛行機の中で寝られれば、以外に快適で効率的です。

ビンタン島フェリーターミナル
BTSG02.JPG

ここでビザを取得してインドナシアに入国します。
ほかの入国審査にくらべちょっと時間が掛かる印象です。

仕事の工業団地までは、ワインディングロードを走って向かいますが、ここでは省略。
島内は、バイクが多く走っており、島民の足になっているようです。ほとんどがノーヘルです。

宿泊は、リゾートエリアのホテル Bintan Lagoon でした。
BTSG04.JPG

朝、出発まで、少し散策しました。
BTSG05.JPG

BTSG06.JPG

7:00 過ぎだったので、砂浜に人はいませんでした。
昼間になると、日差しが厳しいのでしょうが、その時間仕事です。

ホテルのインターネットは、一時間で8.55シンガポール$でした。
お金を払うと、パスワードを渡されます。

仕事を終えたあとは、再びフェリーでシンガポールへ渡り一泊しました。
宿泊は、GALLERY HOTEL。

朝食バイキング
BTSG09.JPG

7:30ホテル出発のため、6:30にレストランに行くと、土曜の朝でもあり誰もいませんでした。
この時間真っ暗で、7:20ぐらいに明るくなります。
シンガポールは、香港と同じ時間を採用しているそうですが、明らかに経度が異なり、
インドネシアと同じ、日本との時差2時間が本当なのでしょう。

ホテルからタクシーでまっすぐチャンギ空港に向かいました。
どこも観光することなく出国です。仕事だから当たり前ですが、マーライオン見たかった。

SQ 9:45発 成田行き。出発表示を見ると、ロサンゼルス行きです。
シンガポール発、成田経由、ロサンゼルス行き。シンガポール航空と全日空の共同運航便でした。

シンガポール空港
BTSG10.JPG

出発ロビー
BTSG11.JPG

残ってしまった通貨で、お土産を買い搭乗しました。

搭乗時間 6時間35分。長い!、夜行の方が楽です。

nice!(19)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

番外編 中国探訪 [番外編]

仕事で10日ほど中国へ行ってきました。
週末、移動日の夕方などに少し観光する機会がありました。

マカオ Macau(墺門)
日曜日に仕事先の深圳(シンセン)の蛇口(Shekou Ferry Terminal)からフェリーで
マカオへ日帰り観光に行きました。

朝10:30のフェリーに乗り、約1時間でマカオに到着、入国審査を受け、いざ観光へ。
タクシードライバーがひっきりなしに誘ってきます。
かなり高いことと、強引な勧誘に嫌気がさして、輪タクのおじさんと交渉。150ドル/2人で成立。

港出発。おじさんの漕ぐ自転車が大通りの端をよろよろと走ります。
その脇を車が走り抜けています。私は、抜かれる側に座っていましたが、ちょっと怖い。
中国本土だったら、途中棄権です。

カジノ街を抜け、セドナ広場に下ろされました。
実は、おじさんと言葉が通じず、良く分からないうちに着いたという感じです。

まずは聖ポール天主堂跡を目指しましたが、あっけなく道に迷い、大砲台下に出てしまい、
地図を確認し、大砲台から訪れることにました。

大砲台への坂
CHINA01.jpg

強烈な坂。途中には、階段が刻まれています。
マカオを小さな島だからでしょうか?、新旧問わず高層住宅です。
モダンと喧騒が同居しています。

坂を登り切り、大砲台にたどり着きました。
CHINA02.jpg

ポルトガル人が15世紀に築き、1622年にオランダ軍を退けたそうです。
いまは大砲がカジノ街を狙っている?

大砲台から坂を下り、やっと聖ポール天主堂跡にたどり着きました。
CHINA03.jpg

観光客で溢れており、天主堂前の坂道は、まるで京都の清水寺でした。
意外に日本人が少ない。あまり日本語が聞こえてきません。
この日、「あっ日本人だ」とわかったのは、ひと組だけでした。

マカオを走るタクシーです。
CHINA04.jpg
「電話」と書かれています。「电话」との表記ではないので、中国本土とは違うようです。

このあと歩いて港へ戻ろうとしたのですが、高台側の道を進んだ結果、眼下に港を見る
が、崖下へ降りられない状況となり、7割近い距離を逆戻りしてから、タクシーで港へ
戻りました。


深圳での仕事を終えた後、香港経由で上海地区へ移動しました。

移動は、HngKong Dragon Airlinesです。
機体のエンジンには、赤い龍が描かれています。
CHINA05.jpg

中国内移動ということもあり、機内サービスは日本人への配慮はほとんどなく、
食事の際に珈琲を頼み損ないました。
中国に行くなら、中国語の勉強をするか、英語で細かな意思表示できる言語力が
必要と痛感しました。


上海虹橋空港(シャンハイホンチャオ空港)へ降り、車で蘇州へ移動しました。
日暮れまでの時間で、蘇州の世界遺産(留園と虎丘斜塔)を回りました。

留園の入場券売り場に示された表示です。
CHINA06.jpg

「AAAAA級」、五つ星のような意味でしょうか?


虎丘斜塔です。
CHINA07.jpg

ピサの斜塔よりも傾いているそうです。
修理の足場が組まれていましたが、なかなか見ごたえがありました。


宿泊したホテルからの夜景です。
CHINA08.jpg

中国の交通、特にタクシーはどこも乱暴ですが、ここも同じです。
現地に出向している日本人は、どこの会社も車の運転を禁止されているようです。
上から見ていると、めちゃくちゃな進路変更を繰り返しますが、ぎりぎりですり抜けて
いきます。以外に運転がうまい。


蘇州での仕事終了後、上海に一泊して日本(羽田)へ戻りました。

黄浦江の夕方と夜です。
CHINA09.jpg
CHINA10.jpg

この写真を撮っている側は、古い建物が沢山あり、日本の日本橋のような雰囲気です。
一方、対岸は未来都市のような印象です。対比が非常に面白かったです。

どこに行っても中国の元気に圧倒されました。
国として非常に魅力的である一方、われわれ日本はどのような特徴で、中国と競争して
いくのかが難しい課題だと再認識しました。

2010.12 中国探訪
nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
番外編 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。