So-net無料ブログ作成
検索選択

野沢温泉 [温泉]

雪と温泉!と思いつき、野沢温泉を目指しました(2005年の冬)。

十日町から飯山線ディーゼル車に乗り、野沢温泉へ。
飯山線の雪景色は絶景として有名ですが、窓の外は真っ白で景色は見えません。

戸狩野沢温泉駅に到着
野沢01.JPG

駅からバスで野沢温泉へ、ところがバスは本数少なく、一時間待ち。
思いつきの旅なので仕方なしとぼーっとバスを待つ。

野沢温泉にバス到着、かなり降ってました。
温泉街を歩き、地図を頼りに「大湯」へ。
野沢02.JPG

実は外湯めぐりは初めてだったので、作法がわからず様子見。

だいたい要領を理解して、お風呂へ。
野沢03.JPG

雪見とはいきませんが、お湯がうれしい。
またまた、ぼーっとして湯につかり、体の芯から温まる感覚を実感します。
幸せ。幸せ。温泉好きの人の気持ちがわかりました。

そういえば、勤め始めたばかりのころ、飯山にいた友人を訪ね、野沢温泉
につれてこられたことがある。ここだったのかなぁ?


大湯を出て、温泉街を散策。外湯の位置をおおむねチェックし、「麻釜の湯(あさがまのゆ)」へ
野沢04.JPG

「大湯」に比べ、こじんまりしています。
野沢05.JPG

先に入っていた人が出てしまうと、貸切状態。お湯が熱い。出たり、入ったりで楽しみます。

外湯の紹介は、こちら。
http://www.nozawakanko.jp/spa/sotoyu.php

閻魔堂のところで、雪かきをしていたおじさんに、「こんな雪降る日に来たの」と
半ば呆れられながら、立ち話をしました。

熱湯が湧き出している「麻釜」に行ってみましたが、雪に覆われて
いて、そばまで行けませんでした。
野沢06.JPG

雪がどんどん降ってきて、帰れなくなるといけないので、駅へ向かいました。

温泉の心地よさを実感しました。
雪のない時に来れば、外湯を全部廻ることもできるでしょうが、
やっぱり外はしんしんと降る雪の中で湯につかるのが心地よい。

今度来るときも冬にしようと思いました。

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。