So-net無料ブログ作成
検索選択

驚きの地下空間 [遺跡]

CASIO IMAGING SQUAREで加工した画像です。
大谷石01.JPG

どこだと思われますか?

ちょっと演出っぽいですが、
実際に階段を降りていったときに飛び込んでくる景色がこちらです。
大谷石02.JPG

私もそうでしたが、あとから降りてこられた方々も、
「なに~?、これ?」と驚きの声をあげていました。

大谷石採石場跡地。宇都宮駅からバスで30分ほどのところにあります。
1919(大正8年)から1986(昭和61年)まで70年間大谷石の採掘が行われた跡地です。

地下30メートルの異空間です。とても日本とは思えない。

地下坑道を進んでいき振り返った景色
大谷石03.JPG

一番奥に見える台形部分が今来た階段です。
さらにその上(天井の穴から)降りてきます。
この階段まで降りてくると、「なに~!」の声があがるのです。

下った突き当りから横方向を見た景色です。
大谷石04.JPG

縦横に採掘の後が伸びています。

全体を見るとこんな感じ。
大谷石05.JPG

これは、地下に降りる入口である大谷資料館にある模型です。


採石場跡地の存在は、讀賣新聞が平成100景の選定でリストアップした300景で知りました。
とても日本とは思えない写真に魅せられ現地を訪れました。

実際に訪れみると、地上部はひっそりとしており、資料館も地味な感じです。
しかし、いったん地下に降りるとびっくりするのです。
作りものでない迫力。人工物とは言え、70年の歴史が刻んだ異空間です。

ただ地下空間が広がっているだけと言えば、それまでですが、
行ってみないとわからない感覚。
ご興味と、機会があれば是非訪れてみてください。

2010.3 探訪

nice!(12)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

吉野ヶ里歴史公園 [遺跡]

吉野ヶ里遺跡。名前は知っていましたが、教科書知識です。
九州に行った機会に訪れました。2008年7月

鳥栖から長崎本線に乗り換えて三つめですが、鳥栖駅で大粒の雨が落ち始めました。
吉野ヶ里公園駅につくと雷が鳴り響き、落雷の恐れがあるため吉野ヶ里歴史公園が
入場中止になっていました。
コミュニティーホールで40分ほど待つと雷雨警報が解除されので、公園へ向かいました。

駅から公園入り口まで、徒歩で15分くらいです。
雲が晴れ、青空が広がると、じりじりと日差しが照りつけます。

南内郭から廻りました。

物見櫓
DSC_0095.JPG

竪穴住居
DSC_0098.JPG

弥生時代から、このように整然とした集団生活を送っていたのですね。

南内郭から見た北内郭
DSC_0103.JPG

北内郭へ移動しました。

祭殿
DSC_0105.JPG

ここに再現されている建物は、学術的な調査から推定され再建されたのだと
思いますが、このような大型な建物を作る技術があったことは驚きです。

約1時間公園内を歩き回りましたが熱い!
北墳丘墓は温度、湿度をコントロールしているので、ここで休憩です。

遺跡は発掘のあと、埋め戻されて保存されており、われわれが目にするのは
遺跡の上にある公園。公園と遺跡の違いを始めて理解しました。


公園を後にし、博多へ向かいました。
飛行機で帰る予定でしたが、出発まで時間があるので、博多湾が一望できる
西公園の展望台を目指しました。

展望台から見た博多湾
DSC_0111.JPG

なかなか素晴らしい景色でした。

2008年7月 探訪

nice!(9)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。